2014年6月18日水曜日

コクワガタ3型の論文が,チェコ・カレル大学の卒論で引用された


コクワガタ3型に関する私の論文
Iguchi (2013)
Male mandible trimorphism in the stag beetle Dorcus rectus (Coleoptera: Lucanidae)
European Journal of Entomology, 110: 159-163.

これが,チェコ・プラハのカレル大学の学生卒論に引用されていた。

原題:
Mechanismy sexuální selekce u listorohých brouků se zaměřením na podčeleď Scarabaeinae (Coleoptera: Scarabaeoidea)

英文タイトル:
Sexual selection in Scarab beetles with empahsis to the subfamily Scarabaeinae (Coleoptera: Scarabaeoidea)

著者:
Kateřina Kněnická

このp.30である。ただし,本文がチェコ語のため,私も正確には読めないのが難点である。

少し驚いたのは,自分としては,形態学的な研究(morphological study)をやったつもりなのだが,性選択(sexual selection)の卒論に引用されていたことである。

しかも,主要結果のグラフではなく,コクワガタの大顎の変異を示した次の写真が,そのまま引用されていた。

Mandible trimorphism in the stag beetle
Male mandible trimorphism in the stag beetle Dorcus rectus (Iguchi, 2013)

いずれにしても,学生に引用されたのは,ベテラン研究者に引用されるより嬉しい。コガネムシ科(family Scarabaeidae)を勉強する上で基礎的文献とみなされた(と自分では思う)からである。

ただし,このコクワガタ論文が掲載された雑誌European Journal of Entomologyがチェコで発行されている雑誌なので,引用しやすかったのかもしれない。

なおこの論文は,ロジスティック回帰(logistic regression)とセグメント回帰(segmented regressionを使った最適統計モデルを,AIC(赤池情報量規準 AIC, Akaike's Information Criterionで探索したものである。

AICは,故・赤池弘次が残した情報理論に関する,日本が世界に誇る業績である。しかしながら,大学の授業で統計学を学んだ学生でも, AIC の理論や用法,さらには赤池のことを知らない人も多い。

統計数理研究所のウェブサイトには,赤池弘次の業績を紹介した赤池記念館がある。大学の統計学の授業でも,赤池のことに是非触れて欲しいものだ。2006年に第22回京都賞を受賞したときの赤池のメッセージが YouTube に残されている。

***************************************
2017年4月7日追記

このコクワガタ論文では,オス大顎3型の分類に関して,写真(a),(b),(c)の形態的分類とセグメント回帰による3直線フィットの分類の一致度を調べた。その際,Fleissカッパ係数(Fleiss’ kappa statistic k)が使われた(Fleiss, 1971)。その結果は,κ=0.81で,両者の分類が,非常に良い一致を見ることが判明した。

なお,「セグメント回帰」を「折れ線回帰」と呼ぶ場合があるが,これは必ずしも正しくない。不連続で断片的な直線として表される場合が存在するからである。コクワガタの例がそれである。

セグメント回帰は,私が統計解析を指導した松延祥平さん(当時,筑波大学修士院生)の研究でも使われ,優れた結果が専門誌に掲載された。

Matsunobu S. and Sasakura Y.
Time course for tail regression during metamorphosis of the ascidian Ciona intestinalis
Developmental biology, 405(1), 71-81.

その論文 Fig 4D がセグメント回帰である。

放送大学「統計学」(藤井良宜)は,初歩的な科目ではあるが,第1回から,いきなりAICを解説し,赤池弘次氏が京都賞を受賞したことにも触れている。放送大学の講義内容には感心するものが多い。

参考文献
Fleiss J.L. (1971) Measuring nominal scale agreement among many raters.
   Psychol. Bull. 76: 378–382.

******************************************
2015年12月12日追記

このコクワガタの3型論文は,ザトウムシ(harvestmen)の一種 Pantopsalis cheliferoides の3型を研究した以下の論文に引用された。

Painting et. al (2015)
Multiple exaggerated weapon morphs: a novel form of male polymorphism in harvestmen
Scientific reports, 5.

日本では,動物の3型の研究が,まだまだ進んでいない。これは,多型と言えば2型,という先入観があるためかもしれない。

日本のカブトムシの3型に関しても,以前,私が報告した。

Iguchi Y (2000)
Male trimorphism in the horned beetle Allomyrina dichotoma septentrionalis (Coleoptera, Scarabaeidae)
Kogane, 1: 21-23.

Iguchi Y (2002)
Further evidence of male trimorphism in the horned beetle Trypoxylus dichotomus septentrionalis (Coleoptera, Scarabaeidae)
Special Bulletin of the Japanese Society of Coleopterology, 5: 319-322.

前者は,以下の論文に引用された。コガネムシ研究会発行の雑誌 Kogane で,海外の研究者に引用された最初の論文かもしれない。

Rowland, J. M. and Emlen, D. J. (2009)
Two thresholds, three male forms result in facultative male trimorphism in beetles
Science, 323: 773-776.

日本のカブトムシの3型が,どのような状況で出現するのか,行動的な違いが見られるのか,などの研究も進んでいない。

******************************************
関連ウエブページ

コクワガタの論文が医学論文扱い?