2013年12月30日月曜日

長野県岡谷市の塩嶺西山地域における断層と地すべり地形: 日本活断層学会2013年度大会発表


日本活断層学会2013年度秋季学術大会が,11月29-30日に,つくば国際会議場で開催され,私も発表してきた。全体の発表予稿集は,学会のウェブページから入手できる.

下の写真は,会場1階の入り口付近。



30日には,シンポジウム「活断層とは何か-その本質とリスク」が開催。




このシンポジウムだけに参加した人も何人かいたが,それでも,もっと多くの人に見てもらいたかった。ただし下の写真は,シンポジウム開始前の様子。



ポスター発表での質疑応答は活発だった。

矢印が,私の発表:
長野県岡谷市の塩嶺西山地域における断層と地すべり地形要旨PDF

日本活断層学会2013年度大会: 糸魚川-静岡構造線と塩嶺断層
日本活断層学会2013年度秋季学術大会ポスター発表

要旨を読むと分かるが,岡谷市の塩嶺病院付近の断層の野外調査データも含まれる。以下のブログページでも指摘したが,同病院のまさに直下に,活断層の存在が指摘されていて,今回の調査でも,その周辺に,多くの断層や地すべり地形の実態が浮き上がってきた。

岡谷市・塩嶺病院直下の活断層: 岡谷市看護専門学校を設置
活断層・「塩嶺断層」の調査に対する岡谷市の姿勢: 岡谷小学校存廃と関連して

質問者から指摘されたが,問題は,その活動性(活動度)である。しかし,こればかりは,トレンチ調査のような精密な調査をしないと分からない。

上のブログでも書いたように,岡谷市議会・平成25年第1回定例会でも,調査の必要の有無が議員から質問されたものの,岡谷市役所の宮坂部長の答弁は,
調査しても活断層を特定するのは難しい,直ちに大きな危険性を判断するのは難しい
というものだった。いかにも,面倒臭い,といったニュアンスが感じられる答弁である。新設の教育機関として,このような状態で良いのだろうかと,はなはだ疑問に思う。

ポスター発表で興味深かったのは,予稿集p66-67(発表番号P-9)にある
仏念寺山断層帯に現れた断層露頭とその破砕特性 (中川康一)
であった。

大阪府豊中市で,活断層の真上にマンションは危険だとして,住民が提訴した(日本経済新聞,2011/8/26)断層の研究である。現場に立ち入って調査ができなかったというが,
もし断層が活動した場合には、地表に脆性破壊による大きな段差が生ずる可能性を示唆している。
という中川氏の指摘があるだけに,精査してほしい問題である。これも,面倒なことには関わりたくない,という当事者の気持ちの表れと言えそうである。

活断層学会で発表したついでに,同じ「つくば」にある,産総研の地質標本館を見学してきた。

以前のブログで,岡谷市の敬念寺の裏で,活断層である岡谷断層のトレンチ発掘調査の様子を紹介した。その岡谷断層の剥ぎ取り標本が,ど~んと,この地質標本間に展示されているのである。

地質標本館にある岡谷断層の剥ぎ取り標本
地質標本館にある岡谷断層の剥ぎ取り標本

岡谷断層の発掘断面図
岡谷断層の発掘断面図

岡谷断層が1000~2000年ごとに活動した証拠
岡谷断層が1000~2000年ごとに活動した証拠

是非,皆さんも一度見て欲しい。