2013年11月16日土曜日

辰野町はレジャーランド化?


2014年現在,新設された遊戯施設は,辰野町観光情報センターの新設の遊具紹介ページに掲載されている。
****************************

LCV(レイクシティケーブルビジョン)ニュースを見ていたら,辰野町に大型遊具施設を作るという(11/05ニュース)。これは,クリックし,まだ視聴できる。

ひとつは,松尾峡のほたる童謡公園,もうひとつは,荒神山に設置。両者合わせて,費用は3200万円だそうだ。もちろん,公費であり,元は税金,住民の懐から出たものである。

驚いてしまった。辰野町は長野県のレジャーランドを目指すのであろうか?以前のブログにも書いたが,ほたる童謡公園は,元々,ヘイケボタルなど,いゆる観光用にならない種類のホタルの生息地であったものを潰して建設された公園である。


かつて,天然のゲンジボタルの名所だった松尾峡の,すぐ近くに,ど~んと作られた鉄の塊みたいなものである。ニュースによれば,それを撤去して,わざわざ新設するという。

旧施設を撤去して,自然の状態にするのかと思いきや,またまた遊具施設を新設するというのである。それも大金をかけて,である。

果たして,町民の総意なのであろうか?

こういう場面では,しばしば共産党が登場し,反対するものだが,この町の議員は,まるで共産党モドキの思想を持っているため反対意見も声高に唱えることがない。

矢ヶ崎克彦氏の後任となった新町長・加島範久氏は,元役場職員である。そのHPで「自然」を強調するが,結局,矢ヶ崎町政の後継みたいなものだから,またまた,経済優先,生態系軽視,生物様性喪失の政策を続けることになるのだろうか?それにして,「自然」を謳う町ならば,もう少し,お金の使い道を考えても良いと思うのだが,無理な注文なのか。

しかし,これだけ大金をかけて,経済優先というのも変かもしれない。やはりレジャーランドを目指すのだろうか?ただし,レジャーという言葉には,自然の中で余暇を楽しむという場合もある。童謡公園の場合は,人工レジャー施設というのが正解だろう。