2013年7月5日金曜日

「じゃらん」には載らなかった,辰野ホタル祭りのクチコミ,ここのホタルは移入です


ウェブサイトの見ていると,しばしば,口コミ(クチコミ)欄というものがあるのに気づく。飲食店,宿泊施設,観光施設,さらには,各種イベントに対する体験報告や情報を書き込む欄である。

先月,辰野ほたる祭り期間中(6月15日~23日)に,じゃらんの「辰野ほたる祭り」の項目に,クチコミを投稿した。

ほぼ同様の内容は,るるぶ.comの「お出かけ日記」にも投稿したので見て欲しい。この「おでかけ日記」の文から,るるぶ.com記事への批判を削ったものが,じゃらんへの投稿文に,ほぼ相当する。

何度も繰り返すが,辰野町では,天然記念物指定地として自然のホタルを保護し,増やしてきたかのように宣伝し,毎年ほたる祭りを実施,有料で,ほたる見物をさせている。

しかし本当は,観光客用に県外から移入した外来種ホタルを増殖させたのであり,しかもその結果,元々住んでいた天然(在来)ホタル集団は絶滅してしまったのである。その上,それを観光客には伏せて,ほたる祭りを実施する,という政策を取っている

参考ウェブページ

実際に,じゃらんに投稿した人なら分かるだろうが,じゃらんにクチコミを投稿すると,「審査の後,掲載するかどうか決める」というような通知(画面)が現れる。私の場合,審査の結果,掲載不可となってしまったらしい。理由は分からない。

クチコミというと,その信憑性が問題となることも多々あるが,クチコミがネット上に現れる以前に,このように掲載不可となる例があることは,是非知ってほしい。

意地悪く言えば,辰野ほたる祭りを賞賛したクチコミを,誰か投稿してみてほしい。「感動した」,「素晴らしかった」,どんなクチコミならば掲載されるか知りたいものである。

るるぶ.comの「お出かけ日記」にも書いたように,私は,辰野でのホタル見物自体は否定しない。また,前述の参考ウェブページにも書いたが,移入ホタルを排除しろ,と言っているわけでもない。むしろ,積極的に辰野町を訪れ,移入ホタルも天然ホタルも見てほしいと思っている。

私が主張しているのは,移入ホタルは移入として,天然ホタルは天然として,区別して扱ってほしい,ということである。その上,その意義を観光客にも伝え,考えてもらいたいのである。

祭りの出し物に,ホタルという生き物が利用されている。旅行関連の企業なら,エコツアーという観点も取り入れてほしい,と,じゃらんに対しては思った。

*******

2014年4月13日追記

じゃらんは,上高地に関しても,「先人の努力により美しい自然の姿をそのままに残している上高地」と書いていたが,ここのゲンジボタルは,辰野町・松尾峡と同じく外来種なのである。

参考ページ:
辰野町と上高地の移入ホタル問題