2012年8月28日火曜日

第8回信州ホタル保護連絡会


2016年7月15日追記

7月8日に始まったTBSの新しいドラマ・神の舌を持つ男,第1話「殺しは蛍が見ていた」の中で,メインテーマとなった外来種ホタルの生態について,私が監修をした。県外で買ってきたホタルを地元のホタルと称して観光利用する辰野町がモデルとなっている。
番組の36分ころ出てくる湯西川のホタルを守る会の建物は,第8回信州ホタル保護連絡会が開かれた松本市島内の公民館(下の写真)に似ている。

***********************


第8回信州ホタル保護連絡会が,8月25日(土)午後1時30分から,松本市島内・町公民館で開催された。


毎年,県内市町村の持ち回りで開催,県内各地のホタル保護団体の集まりで,今回は,「車屋セギ保存会」が中心となって開催された。

保存会の活動報告後,公民館(地図A)東側に流れる何本もの用水路を見学した。


地図B地点が下の写真である。

水温15度前後で,きれいだが冷たい水であり,ホタルが多数繁殖するには少し厳しい環境と言える。

あちこちの用水路で,外来種の巻貝コモチカワツボが大量に発生しているのには,皆が驚きの声を上げた。下の写真で,ゴマ粒のように見えるのは,この写真内だけでも,数百~数千のコモチカワツボである。



私が以前,生物多様性長野県戦略策定委員会の記事でも取り上げた有害外来種である。それにしても,これほど増えていたとは驚きである。