2011年10月23日日曜日

柏崎原発事故時には,長野県・飯山市と栄村も放射能汚染想定地域に


原子力安全委員会の作業部会は20日,事故時に原発から半径8~10kmに設定されている防災対策の重点区域を半径30km圏に拡大する見直し案を示した。
http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY201110200200.html?ref=goo

これにより,屋内退避・ヨウ素服用準備区域も半径50kmに設定されることになる。

長野県は9月に,浜岡原発(静岡県御前崎市)で事故やトラブルが起きた場合,中部電力が速やかに長野県に情報提供することを,同社との間で確認した。
http://www.shinmai.co.jp/news/20110924/KT110923FTI090012000.html

しかしながら,浜岡原発は長野県境から最も近い地点でも約70km離れており,屋内退避・ヨウ素服用準備区域には入らない。

むしろ,新潟県の柏崎刈羽原子力発電所(東京電力)のほうが,県境に近いのである。最も近い県境まで約45kmである。下図に示したように,一部とは言え,県北部(飯山市と栄村)が50km圏に入るのである。しかしながら,県としての柏崎原発への対応は定まっていない。






青円内が柏崎原発50km圏(屋内退避・ヨウ素服用準備区域)
赤区域が,長野県の50km圏(飯山市と栄村の一部)


もちろん,福島原発事故を見て明らかなように,単純に原発からの距離だけで,事故時の放射能汚染リスクは推定できない。風や降雨,地形の影響もあるからである。

しかし,もし退避やヨウ素服用準備の基準区域が半径50kmに設定されたら,原発事故に備えた訓練やヨウ素備蓄など,速やかに検討すべき課題が多いことを県は認識すべきだ。この50km圏に入る地域が,県や東電と事故時の対応を細かに検討できる体制を整えられるように,県も援助を惜しんではなるまい。

万一事故が起きてから,後手に回った対応でドタバタしたのでは,住民の生命や財産を守れまい。

飯山市は,東日本大震災後,柏崎原発の安全性に危機感を持ち,東電や阿部守一・長野県知事に原子力災害への防災対策を要望し,さらに,安定ヨウ素剤を購入することを決めた。
http://www.city.iiyama.nagano.jp/soshiki/shomu/shouboubousai/keikaku/gennhatuyousei
http://www.47news.jp/news/2011/08/50.html

しかし,同じく50km圏に入る栄村は,東日本大震災の翌日に強い地震に襲われ,甚大な被害を出し,なお復興途上である。
http://www.asahi.com/national/update/0312/TKY201103120243.html
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20111022ddlk20040025000c.html

そのため栄村では,原発対策どころではない,という感が強い。県は,栄村の復興計画に関して,原発事故を想定に入れた計画も立ててほしいものである。