2011年6月20日月曜日

Homosexual behavior in beetles カブトムシ雌の同性愛行動


生物科学研究所の研究解説ページも参照。
カブトムシ雌の闘争行動と同性間マウンティング

次の論文の解説である。
Iguchi Y. (2010)
 Intrasexual fighting and mounting by females of the horned beetle Trypoxylus dichotomus (Coleoptera: Scarabaeidae)
European Journal of Entomology, 107: 61-64.

いわゆる,同性愛行動(homosexual behavior or same-sex behavior)である。


Fig. 1. Homosexual or same-sex behavior in female beetles


雄の同性間マウンティングについては,雄が相手を雌と間違えるということもあるだろう。しかしながら,雌の同性間マウンティングについては,その理由が良く分かっていない。

今回の研究結果から,雌の同性間マウンティングは,小さな雌が,大きな雌との闘争を避け,エサを得るための代替的手段である可能性を示唆している。

なお,最近の同性間の行動研究の進展をまとめたレビュー論文としては,以下のものが注目される。

Bailey N. W. & Zuk M. (2009)
Same-sex sexual behavior and evolution.
Trends in Ecology and Evolution 24: 439-446.

この中で,動物における “Homosexual” の定義として,

Homosexual: in animals, this has been used to refer to same-sex behavior that is not sexual in character.

という部分にも注意しよう。

Bailey氏から頂いたメールによると,雌が代替的手段(alternative tactics)を採ることが,ますます明らかになりつつある,とのことである。

また,甲虫類の雌による同性間マウンティングに関しては,以下の論文が注目される。

Maklakov A. A. & Russell Bonduriansky R.(2009)
Sex differences in survival costs of homosexual and heterosexual interactions: evidence from a fly and a beetle.
Animal Behaviour 77: 1375 - 1379.

Maklakov氏によると,カブトムシのように,雌同士で闘争し,しかもマウンティングする,という種の研究は珍しいようである。