2011年2月27日日曜日

辰野ホタル祭  公費使い,生態系破壊,それでも観光客減少

たつの新聞(2/19)によると,辰野町ほたる祭の観光客は,2000年から減少傾向で,ピークの約54万人から昨年は36万人まで減少してるとのことである。

観光客が見に来る松尾峡のゲンジボタルは,県外から購入し増殖させているものである。
そのために,地元に本来いたゲンジボタルは絶滅し,他種ホタル生息地も破壊されているのである。
http://laboratoryofbiology.blogspot.com/2010/08/new.html
http://laboratoryofbiology.blogspot.com/2010/10/blog-post_31.html
http://laboratoryofbiology.blogspot.com/2010/10/blog-post_22.html

他地域でもホタル移入がされてるじゃないか,という声も聞いたことがある。
しかし,辰野の場合は,役場が公費を使って大規模にやっている点に注意してほしい。

長野県大町市の牛越徹(うしこし・とおる)市長から私へ届いた意見,
「辰野町では,ホタル養殖に行政が関与するのであれば,在来種保護は一層重要。解決に時間がかかっても勇気を持って方向を転換すべきだ。」(内容は筆者要約)
にも耳を傾けてほしい。

移入ホタルをゼロに,とまで言わないが,観光に影響が出ない程度まで減らせないか試算するべきだ,という私の提言も無視されている。

公費を使い,生態系を破壊し,それでも観光客は減少。

もうこんな生物多様性保全を無視したホタル観光政策はやめるべきだ。