2010年11月27日土曜日

リニア新幹線が東海地震対策に?

朝日新聞・経済気象台(2010年6月24日)で,

「リニア新幹線は東海地震対策の柱の一つであることを忘れてはならない」
http://www.asahi.com/business/topics/column/TKY201006230482.html
と主張しているのには驚いた。

気象庁は,東海地震に際して,山梨・長野南部で震度6以上を想定している。
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/hantekai/q5/q5.html

また,著しい被害が予想される地域が、大規模地震対策特別措置法(大震法)により「地震防災対策強化地域」として指定され,山梨から長野にかけてリニアのルート沿いが,その地域なのである。
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/hantekai/q1/q1.html

山梨県が想定した各種被害の地域を見ても,リニア通過ルートが引っかかってくることがわかる。
http://www.pref.yamanashi.jp/shobo/documents/96494003966.pdf

上記の経済気象台では,東海地震によって東名高速道路や東海道新幹線の被害を受ける可能性を強調しているが,山梨・長野南部の被害想定には全く触れていない。

そもそも,東海地震対策を言うなら,北陸新幹線のほうが安全であるが,こちらの早期完成には全く触れてない。

この経済気象台の筆者は,リニアが受ける地震被害の危険性を隠して,メリットばかり強調している。