2010年10月31日日曜日

生物多様性無視!へイケボタル生息地を潰して作られた辰野町ホタルの里の遊技場


辰野町ほたる童謡公園:自然破壊・生物多様性喪失の象徴

2016年4月7日追記

2014年に,数千万円かけて新たな大型遊具施設ができている。それについては,次のブログ参照。
松尾峡 ほたる童謡公園 こんなモノいらない辰野町

*************
前回のブログ
生物多様性を無視した辰野町ほたる童謡公園駐車場の建設
に引き続き,下の写真で,ヘイケボタル生息地を潰して作られた辰野町松尾峡の遊技場(観光施設?)を紹介する。ここはそれまで水田地帯でヘイケボタルの生息地であった。

この施設の向こう側が,観光客の訪れるゲンジボタル養殖地である。観光客は,この施設の横を通ってホタルを見に行く。

ほたる童謡公園は生態系破壊,生物多様性喪失の象徴である。
ほたる童謡公園.自然破壊・生物多様性喪失の象徴でもある.
この遊戯場で観光客や地元の子供が遊ぶ姿は,ほとんど見当たらない。特に,寒さ厳しい冬季間は,何の役にも立たない。実際,現在はさび付いて「使用禁止」となっている遊具もある。

ヘイケボタルは冬季間,水が引けた水田地帯で冬眠することが知られている(三石暉弥,1990,ゲンジボタル.信濃毎日新聞社などを参照)。そのような場所を潰して,そしてヘイケ(たぶん幼虫)を殺して,成り立った施設なのである。

下の写真で,この施設から道路(観光客が通る道)を挟んだ北側(上流側)の風景を見て欲しい。のどかな田園地帯である。上の写真の施設も,以前は,このような風景だった。

ほたる童謡公園周辺の環境
ほたる童謡公園周辺の環境
そもそも,この田舎町,この写真のような水田地帯や野原の中で子供達に遊んでもらう方法を考えるべきだったあろう。

前回紹介した駐車場同様,この遊技場も町が公共施設として建設したものである。

何のための遊技場なのか?駐車場同様,観光用ゲンジボタル養殖優先の町の姿がここにある。

ホタルの里,ホタル保護の町,が聞いて呆れる。

長野県公式観光ウェブサイトでは,この施設を含む場所を
「小さな生物の生活環境を守り、自然に生息する空間を創出しています。」
と紹介。

おかしな論理ではないか?

小さな生物の生活環境を守るつもりなら,元々このようなものは必要ない。

長野県の自然保護の意識は,こんなものだったのか。

情けない・・・。

ほたる観光客は,ホタル保護育成協力金として300円徴収される。しかし,こんな生態破壊施設の維持費にそれが使われないことを,私は切に願う。


さらにこの公園,ホタルシーズン以外には,パラグライダー愛好家たちの着陸場として利用され,それを町も黙認してきたのである。その結果が,最近のパラグライダーの女児激突事故。いったい,何のための,誰のための公園作りだったのか・・

あるサイトでも,この童謡公園の生態破壊を記している人がいた。

辰野ほたる祭りでエコの話
保護する蛍もゲンジホタルのみであり、地元のもともといたヘイケボタル・クロマドボタルなどの違う種の蛍については無視され、それらの生活環境が著しく損なわれてきた
私も全く同感である。