2010年8月12日木曜日

生物多様性保全の観点から移入種の扱いを考える---瀬戸口論文を読んで---


瀬戸口明久(2002)の「なぜ移入種は排除されなければならないのか?― 紹介:ポーリー「アメリカの生態学的独立をめぐる対立」(生物学史研究,69: 41-51)は,生物多様性保全の観点から移入種の問題を研究している人々あるいは移入種問題に興味を持っている人々に,読むことを薦めたい論文である。

この論文で結論として述べられている
  • 生態的リスクと社会にもたらす影響の両方を評価する
  • 自然保護の方針は,専門家と市民との対話を通じて決定されていくべき
という意見には,私も全く同意するし, 長野県辰野町で県外から移入したゲンジボタルを大量養殖し,在来ゲンジボタルを絶滅に追いやってしまった辰野町役場 に対し私が訴えていることでもある(井口豊 2010, 長野県辰野町における移入ゲンジボタルについて.全国ホタル研究会誌 43: 23-26. PDF のURL が変更された)。 

生物多様性保全に関心を持つ人々には実際に読んで,移入種への対応を考えてもらいたい。

なお,辰野町における外来種ホタル移入の生態的な悪影響,および,それに対する行政の怠慢(欺瞞?)に関しては,以下の私のウェブページに詳しく解説されている。

辰野の移入(外来)ホタル 生物多様性の喪失へ
長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの